宮崎県看護連盟

☎0985-58-2724・〒889-2155 宮崎県宮崎市学園木花台西2-4-6

お問い合わせ・ご意見

わけもんの声

宮崎県看護連盟県南第一支部・支部研修に参加して

開催日: 2017年10月07日(土)

 三股町にある大悟病院にて支部研修を開催しました。
 約30名の皆様に参加していただきました。

 県南第一支部の谷口宜昭支部長より開会挨拶、支部活動報告があり第24回参議院選挙において高階恵美子参議院議員の得票数が県南第一支部では前回より増加したと報告。

 谷口支部長の地道な活動が身を結んだ結果だと思いました。

 

renmei1712-10

 

 続いて宮崎県看護連盟、渡部京子会長より「ベッドサイドの看護倫理」と題して講演がありました。

 倫理原則の解説や具体的な事例を挙げて看護倫理の説明があり最後に「看護者の倫理綱領」にある看護者一人ひとりに制度への関心を持ち、制度変革へ参加するということをお話しして下さいました。

 そして看護連盟は、看護者の倫理綱領に基づき政治活動・選挙活動を行っている組織であると説明されました。

renmei1712-11

 

 公演後に宮崎県看護連盟青年部、部長藤井直人が青年部活動報告を行いました。

 青年部設立の経緯やこれまでの活動を報告し、最後に12月2日開催の第7回ポリナビワークショップそして来年、平成30年2月10日開催予定の第1回わけもんの集いの案内を行いました。

 最後に我らが看護連盟、看護師の代表である高階恵美子参議院議員をお迎えして「雑談の会」を行いました。支部研修に参加された皆様から診療報酬に看護師のスキルを反映させて欲しいことや産休・育休中の方がいる時の職員配置が難しいこと、看護師の処遇改善についてなど意見が出ました。

 高階参議院議員からは看護師の賃金是正をしたいとお話がありました。

 看護師は就業前に職場に入り情報収集や、業務準備で時間外労働が常態化している。就業終了後も申し送りなどでサービス残業をすることが多い。そこに手当を付与できないかと提案されていました。また多くの職種を見たときに平均的なサラリーマンの年収に比較して医療職についている方々は医師・歯科医師を除いて年収が低くなっているというお話もありました。

 看護師の地位向上や処遇改善はまだまだ道半ばなのだと実感させられました。意見交換の時は高階参議院議員が丁寧に質問にお答えいただき僕らと真摯に向き合ってくださっているのが伝わってきました。

renmei1712-12

 

 研修後には高階恵美子参議院議員を案内して都城市の古川禎久選挙事務所に訪問いたしました。

 あいにく古川候補予定者は不在でしたが、事務所の皆様が喜んで下さいました。

 

宮崎県看護連盟
県南第一支部所属 藤井直人

  • 看護職 国会議員知名度に関するアンケート
  • 看護職 国会議員知名度に関するアンケート(回答)
  • 広報誌 看護連盟Miyazaki
  • 現場の声
  • 広報活動
  • 日本看護連盟
  • 宮崎県看護協会
宮崎県看護連盟会員数・施設数

連盟会員

2,274名

名誉会員

4名

賛助会員

68名

学生会員

3名

2,278人/85施設

更新日:2017年05月31日

宮崎県看護協会会員数・施設数

7,331人/330施設

更新日:2017年05月31日

閲覧数カウンター

  • 17457総閲覧数:
  • 26本日の閲覧数:
  • 629今月の閲覧数: